金融の資格ナビ 証券外務員について

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

金融の資格ナビ 証券外務員について

証券外務員の金融の資格を活かして営業事務

銀行に行くことがあると思います。その時に利用するところといいますとおもにATMになるでしょう。窓口で何かを行うということが少なくなっています。もちろん銀行からするとそのほうがありがたいということです。窓口の場合は人が担当します。ATMは機械が行ってくれます。効率よくお客さんをさばいてくれるということになります。銀行の窓口に行くといいますとおもに会社関係の手続きになると思います。金額の大きい振込であったり、小切手を使った支払、手形などを使うというものです。このあたりはATMで行うことはできないというkとになります。
そのほか窓口で行うこととして、投資の相談ということがあります。ATMにおいて定期預金の預け入れをすることはできます。でもさすがに相談まではしてくれません。どれくらいのお金があるから、それをどのように振り分けたら良いとか、どういった用途のものであればこちらに置いておいたほうが良いということです。こちらに関しては、専門的な知識を持った人が対応してくれることになります。お金というのは非常に大切なものです。投資によっては減ることもありますが、それは認識した上で行う必要があります。それを理解してもらうように説明するのです。
証券外務員という金融の資格があります。窓口などの営業事務を行う場合には必要になるものになります。金融機関において、証券の販売の手続きを行ったり、証券投資に関するアドバイスをするということになります。アドバイスですから、特定の銘柄について投資を勧められるということはありません。そういったことはしてはいけないことになっています。経済の予測などから、どういった業界についてどのような傾向があるとか、分散投資をどのようにすれば良いかです。よくあるのは業種などを広く分散することが勧められます。そのことによって一つの会社が下落をしても、他の会社は逆に上昇することもあります。トータルでそれほど変化が少ないようになります。

関連リンク

Copyright (C)2019金融の資格ナビ 証券外務員について.All rights reserved.